マルー・クインクエ【捜索】・・・5

「向こうに何かある」「!」ソルムがれいりを見た先に桟橋があるのを見つけ、二人は向かう「これは、釣り竿…」「計千㎏の魚を釣れと書かれている」「せ…!?」数字にびっくり「桁がとんでもないなぁ…ま…始めよっか…」「御意」先の見えない数字に青くしながら各自竿を持ち桟橋の先で釣りを始めた。釣りの具合は順調で、重さは釣り竿がカウントしている。用意し…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【捜索】・・・4

「………疲れた…」迷いのフォートゥス。壁に手を置き前屈みになったれいりはぐったりしている「まさか企業体験させられるとは…」木目調の扉の先は職業体験コーナーであった。れいりは休む暇無く人形相手にお茶くみやらコピー取り延々、挨拶回りで走った末ヘトヘト状態でその場を後にしたのである「お腹すいちゃったね…時間の感覚も分かんないや…」 どれくらい…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【捜索】・・・3

――二日目 〈何もないですうの〉〈そうですね〉又別場所を捜索中の一行は、陽も傾きゴーストタウンに居続ける訳にもいかないのでそこから離れ町へとやって来た 「…」「今日も空振りですね」考え込むいざないとは反対に、ジンホウは軽く溜息し微笑んでいる「ふありさん達は違うホテルに行きましたか。こういう感じの宿も味があって良いですよね」いざな…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【捜索】・・・2

「…次は建物の中だね…扉多いなぁ」 何も書かれてない「…そうなのか」体も落ち着き次へと進む。れいりの目の前には四つの扉が待ち構えていた「どの扉がいいんだろ…ソルムだったらどれにする?」「プリセプスが選んだ方が確かだ」「……」自分が選ぶ事になりしばらく悩む「…プリセプス」「?」呼ばれてくるりとソルムを見ると、ソルムは扉へ向かって歩き出す「…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【捜索】・・・1

「れいり!」「ディックさん!?」 ワンピ!!?フォートゥスにやって来たれいりはディックの身なりに驚いた「イノシムがこっちが良いって言うんだ♥」水玉ワンピース姿のディックはれいりの前で後ろを見せたり前を見せたり喜んでいる。通路ではプルイベレが唖然としていたが、れいりは似合ってるなと顔を赤くして見ている「ごめんよっ 今から紐付けして迷いのフ…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【うわさ&立案】・・・3

コンコンコン カチャ 「はい、ジンホウさん」「すみません、遅くなりました」昼も過ぎ夕方近くにジンホウ他一人が派長室へとやって来た「捜索の方々は」「向かって貰いました」「ありがとうございます。僕も追って向かいます」午前中にTが人選したマルーが捜索へ行った事を知りジンホウも後に続こうとしている「フォートゥスにいるイノシムさんに連絡取った所…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【うわさ&立案】・・・2

「コンビ派に調査をして貰った所、この地域の民家及び集落はもぬけの殻、ゴーストタウンと化していました」「……」幹部集合室では壁に貼られた三世界の地図に指し棒で丸くなぞる夫人がいる。隣にはいつも不安そうにしている派長、向かって左にはTとMの姿もあった。丁度Mはマルーに来ており一緒に参加している「この一帯の住人は全てkch.dに侵されたとみて…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【うわさ&立案】・・・1

「二人に来て貰ったのは真相を聞きたいと思ったからです」四・五日後の派長室。夫人に呼ばられやって来たいざないと、左手に饅頭の山を持ち右手でモグモグ食べてるのの子の姿がいた「今どこの派でもある噂が広まってるのですがご存知ですか?」「…さあ。俺は最近中で動いてねーし」「同じべし」「一体どんな噂なんすか」「いざないさんとおきまりさんが子作りに精…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【たんじょーび】・・・4

「取り締まり隊来て聴取受けて…遅くなっちゃった」 家でご飯食べてきたマルーに戻ったれいりは、疲れた感じで溜息を漏らし部屋に入っていく 「…何だろ?」 扉を開けると入口すぐに大きな大きなラッピングされた物体がいた ガサガサガサガサ 流れの赴くままに包みを開けていく 「だりぃ…何だあの数…百近くいて全滅とか、手掛かりねー」コル…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【たんじょーび】・・・3

「もー、すっごいステキだった――♥ 二人とも一体どこにいたの!」「…館内」レストランで合流したミヨシは頼んだジュースを一口飲み、目をキラキラさせては夢心地「ダイラグッズもじゃんじゃん買うぞ!! さっ 売店ゴー!」「元気だなー」「行ってて下さい」 もう少し食べたい食事を早く済ませ即売店へ。ゆっくり食べたい二人はミヨシを目で追っていた「れい…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【たんじょーび】・・・2

――駅前 「れいり! それおしゃれで無い!!」「いや…こんなしかなくて」茶系のワンピスーツでやって来たれいりにお小言。れいりは笑って困っている「それじゃ私だけ浮いちゃうじゃない!! イソネも変わんないし!!」体の線をアピールしたワンピース姿のミヨシはセクシー路線でケバさも感じる。イソネは相変わらず制服系普段着だ「でも目立った方がミヨシ…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【たんじょーび】・・・1

「れいり、おめでとう!」 はい、二人から「わぁ、ありがとう!」講習後、十九歳を迎えたれいりは顔程の大きさがある包み紙をミヨシから受け取る「変わったデザインだね♪」早速貰ったカチューシャを今まで付けてた物と交換し装着。編み込みがされ隙間は透明の布で施されたカチューシャで、れいりも気に入っていた「ブランドもんよー、こんな小さいのでも高かった…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【フォートゥス後】

真夜中 「幹部数名にジンホウさんの言う周辺を行って貰います」「ありがとうございます」派長室では皆が寝静まっていた頃にいざない達が戻って来た為急遽話し合いが行われていた カチャ「何だ、当たり付けてたのかよ」 「まあね」用事を済ませ派長室に来たいざないが話に加わる「前のコープスの件で車輌もいないのに一斉に反応が無くなった箇所があったん…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【奇襲】

「「到着!!」」外に出たイノシムは両手を挙げバンザイ。辺りは真夜中、明かりも無い場所の為とても暗く感じる「ではイノシムさん、とく君を預かります」「うん! ゆっき! がんばだよ!!」「はい!」「あいつらどこいんだ?」いる筈の二人が見当たらず回りを見ている「…」 すっ「ソルム?」ソルムがれいりの前に出た にょっ! 地面から何かが現れハッ…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【フォートゥス】・・・3

「イノシムさん、ボクはここから出て兄であるてくの所に行かなければならないんです」イノシムを見るとく「てくの命は間もなく尽きようとしてる」「!」「場所は分かる?」「はい、かなり遠いですが微かに感じます」「急いだ方がいいね。イノシムさん、とく君を僕に預けて下さい」事情を知っているジンホウは壁ギリギリまで近づき身を乗り出す「薬もありますので、…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【フォートゥス】・・・2

「!」ジンホウ、ディック、れいりの顔色が変わる「まって、イノシム」ディックが透明の壁を通過しフォートゥスの中へ入って行った「ここにいたんだ! 会えて良かった!!」「…ディックさん?」「知ってるの?」「うん♥」イノシムが引っ張っていた手を離すと、ゆっきとディックは向かい合わせで座った「えっと、君は…」ゆっきの顔を見て暫し考える「お尻は?」…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【フォートゥス】・・・1

「これは可愛らしい♪」「全部楽しかったよ♥ どれも面白くて私選べなかった」 「「本当!!」」 「「うわーい、誰も遊んでくれなくてつまんなかったんだよ!! プルはネズミになったらすぐ帰ってくるし」」「……」双子は見た感じ十六、十七の女性に見え、いつも手を繋ぎ仲が良さそうだ。ディックの賛辞に大喜びした双子は向き合ってピョンピョン跳ねてい…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【フォートゥスへ行こう・誘惑に打ち勝って♥】・・・14

「…僕だけあの場所に残ると言う事は」「出来る訳ねーだろっ」「ですよね…」 はぁしゅんとしたジンホウは恋煩いでもしてるかの様に溜息が止まらない「よし最後!!」開いてる入口に足を踏み入れた ルール○三回失敗したら終了○誰か一人でも残ったらクリアー 「これは…」「誰か一人と言う事は難易度高そうですねぇ」表示されたルールに嫌な予感を受けたい…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【フォートゥスへ行こう・細密広場】・・・13

約一時間半の休憩後、次の遊びへと辿り着く「ここは何だ」「各場所に座るんですね」部屋には五角形を中心にし一人一人座る場所が設けられ、両側は仕切りで遮られたネカフェの様な感じになっている ルール○お手伝いはしても良いけど必ず自分で完成させてね 各場所にルールが表示されると宙に浮かぶ丸い球体が現れた「球体のジグソーパズルか! ピース細けぇ…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【フォートゥスへ行こう・休憩】・・・12

『心ゆくまで休憩ターイム・残り二つ、がんばー』 「休憩所ですか」「あと二つもあんのかよ…」ほどよく整備された木立が並ぶ公園が目の前にあった。表示されてる文字を見ていざないの疲労が加速されている「あっ 果物なってる♥」ディックは『えい』と軽くジャンプして果物を取り食べ始めた「れいり君、ありがとう」「大丈夫ですか?」れいりをベンチに座らせ…
コメント:0

続きを読むread more