マルー・クインクエ【動き出すクインクエ】・・・9

「いた!!」 大きい頭!
「ねぇねぇねぇねぇ、発見発見大発見なの!!!」 こっち来て!!
マルーへ向け歩いている時、急に現れた双子にびっくり。
驚く暇もなく双子に担がれコンビ派の部屋へと連行された

「これこれこの写真!!」

バンと机に置かれた経済関連の情報誌には〔アスイ教授とそのご家族〕と言う題名で写真が載っていた
(ユキちゃんだ…)
「……双子?」
「うんうん」
「見ると発明界の教授の子って事が分かったの!!」
「そうそう、どこかで見た事あると思ったら依頼で見たんだよこの双子!!」 「「ねー」」
写真は今より幼いユキともう一人(どちらがユキかは不明)が父と母の間で仲睦まじく写っていた
「私達この依頼受けてないからあんま覚えてないけど」
「内容はこの教授がいなくなって探してーみたいなだっけ?」
双子は腕を組み思い出している
「…お母さんは……」
ガッ
「それが死んじゃって後妻さんが入ったんだけど」 ヒソヒソヒソ
「調べたら、莫大な教授の財産を後妻が管理してるんだとか。―――…おかしい事に発明に捜索出てないか問い合わせてもさっぱり無いんだよ」 ヒソヒソヒソ
部屋には誰もいないが双子はれいりを抱え込み近づいてヒソヒソ話し始め自分達が仕入れた情報を事細かに説明している
「もしかして逃げたとか、追い出されたとか。酷いケガだったし」
「そうだとしたら素性分かっても連絡したくないよねー」 ねぇ
れいりは寂しそうに写真のユキを眺めていた。
穏やかな表情でいるこの家族に一体何が起きたのか。そう思うとれいりはだんだん曇り顔になっていく
「そこで私達は考えたの」
「あの子が落ち着くまで施設に置いて貰おうって」
双子が両手を握りしめ決意に満ちた顔になる
「もう守銭奴も帰って来るでしょ」
「今からあの子連れて行くから、いい?」 家へレッツゴー
「…はい」
急ぎであると判断したれいりは講習を休みにし双子と家へ戻っていく





しょぼ――――――ん

がっくり肩と頭を落とし、とぼとぼ双子は帰って行った。
れいりは双子を見送りながら手元にある紙切れに目を置く


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
『お姉さんへ』
ボクは忘れていた事を思い出す事が出来ましたので、行くべき所へ行く事にします

ボクの面倒を色々みてくれてありがとうございます

双子のお姉さん達にもお礼を言って下さい
お世話になりました

さようなら
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


(ユキちゃん……)

再び視線を上げいなくなった双子の軌跡を見直す。
れいりは不安そうに眉を下げ心苦しさと悲しさでその場から動けなかった
マルーらくがき22.jpg

この記事へのコメント