マルー・クインクエ【戦人】・・・5

「竜巻を起こす武器か」 〈ぬっ!〉 「確かアザル地方にその様な武器を所有してた輩がおったな」 興味深げに一丁の大剣を凝視 「程のお前には手に余るだろう? 儂が有効に使ってやろう」 「たわけ! 誰がお前みたいな凶者に大切な宝を渡すか!!!」 「程は」 急に一丁の視界が暗くなる 「どんな味だ?」 攻撃を仕掛けた戦人 …
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【戦人】・・・4

「…久しいな、もう三百年近くか」 佇む人影に語り出す戦人。 口調は穏やか、露わになった顔からは年期を感じさせる皺がある。横目で見るその瞳は鋭く衰えを全く感じない 「お前さんはまだ美しいよのぉ」 「老いぼれの儂が何故程に来たか教えてやろう。お前さん達の血が忘れられぬのだよ」 人影は静かに聞いている 「死の間…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【戦人】・・・3

―――混溶界外れの荒野 土が剥き出しになった広い場所の周りには、大きな岩がゴロゴロし樹木がその後ろを囲んでいる。 各々岩の間に入り込むと現れるであろう広場に息を潜め窺っていた 「…緊張しますね……ここに戦人が……」 「オレらはあくまでもいざないのサポートに徹する」 全体派幹部三名がいる岩場では一丁、ただお、まいちが静かに待…
コメント:0

続きを読むread more

マルー・クインクエ【戦人】・・・2

ヴォン! 法陣でれいりとソルムはジンホウ宅の広間へと到着 「あっ れいり♥」 聞き覚えのある声にれいりは顔を向けた 「久しぶりー。ジンから話聞いてたよー♥ がんばったね♥ えらいえらい♥♥」 「キャ―――」 現れたディックはれいりを熱く抱擁した。 驚いたれいりは両手を挙げ叫んでしまう 「君、暗人?」 「……」 も…
コメント:0

続きを読むread more