マルー・クインクエ【戦人】・・・10

重い音が消え静かな時が経過した 「…五発当たったか」砂埃が地面に落ち着き、いざないの前にはもう一人の人影があった「お前の武器が大きかったのが幸いした。カエデス」いざないの盾となり槍をその身に受けながらも毅然とした姿で立つTがいた 「難は逃れたか」「…!!」いざない達が被弾してなかった事にれいりは力が抜ける 「…T、どうみても瀕…
コメント:0

続きを読むread more