マルー・クインクエ【お手柄】・・・4

「れいりちゃん!」
気絶し拘束された六人の前でれいりはしゃがんで待っていた
「一丁さん、すみません。私どうしていいか分からなくて…」
「気にしないでくれ、後はオレらがする……にしても」

〈マ…マルー!?〉 はっ

紐の代わりは六人が着ていた服をきつく縛りぐるぐる巻いてある。
六人の姿は下着以外身に着けて無く寒そうだ
「六人を畳みかけるとはやるのぉ」
「あ…いえ…私でなく…」
「彼奴か!!」 どこだ!
一丁は周りを見るが分からない
「取り締まり隊間も無く来ます」
「…下っ端の下っ端だなこいつら、全然分かんねー」
「まあコルチ団はそうであろう」
ただおが連絡し、いざないは六人を見て溜息
「して何故分かったのだ? 一般人とほぼ変わらぬ出で立ちだが」
「…自分から言ってました」
「なるほど…」
「…コルチ団ですねぇ……」
「だな…」
「あ…」
一丁達は呆れてる
「募金したお金返してもらおっと、硬貨一枚」
「…」
募金箱を開け取り出す。
れいりの硬貨だけ入っていた
「団長、黒服発見しました」
「ごくろう」
まいちが繁みから黒服を持ってくる。
取り締まり隊も到着し六人の連行を始めた
「れいりちゃんは帰るといい。礼を言うぞ!」

〈!〉
〈服が!!〉

六人が裸である事に気付き騒ぎ出す
「あ、はい。では…」 私じゃないけど…
大きな空き弁当袋を持ちれいりは帰ろうとする。
視界に入ったいざないは袋をじっと見つめ顔色に陰がさす
「~~ち…痴女!!」
「え…」
「こんな姿で我々は気絶していたのか痴女め!!」
「我らを裸にしたのかこの痴女は!!」
「ちょっ…私じゃないっ 捕まえる物無かったから仕方無くソル…」

ちーじょ ちーじょ

「お前しかいなかったじゃないか! 我々をこんな辱めにあわすとはなんたる痴女だ!!」

ちーじょ ちーじょ ちーじょ

「違う!!」

ちーじょ ちーじょ ちーじょ ちーじょ

痴女コールが止まない
「主ら!! れいりちゃんを痴女扱いするとはいい度胸だ!!」 成敗してくれるっ
「団長嵐止めて下さい!」

フッ……ガク

「!!」
一丁が嵐を構え制するただお。
急に六人の上から何かが降り皆気絶した
『留めを刺す』
「だめっ!!」 ぎょっ
『プリセプスを侮辱した。死に値する』
「絶っっっ対にだめっ!!!」
ソルムの行動と知りれいりは青ざめ驚く
「そんな事したらソルムの事許さないから!!! だめだめだめだめだめだめだめえ!!」
『……御意』
れいりの必死さにソルムは折れた
「…いらつく奴だが共感してしまったぞ……」
「……」
ソルムが落ち着き安心するれいり
「…ち…ちじょ…ふ…ハハハ……」 くくく…
体を震わせ離れた所で笑ってるいざないにれいりは目を見開き固まった
「笑うな―――!! 痴女じゃ無いって言ってんでしょ――!!!」
「どーかねー、日頃の行いが出て来てんじゃねーの?」 ハハハ
「何だとー!!」
激しく怒るれいりに腹を抱えて笑い続ける
「人に細工しといて言えた口か?」

ぎ く

涙目になりながらも痛い所を突いてきたいざないにれいりは動揺
(やっぱり根に持ってる…)
「い…痛み分けっ 痛み分けでしょっ 私だって苦しかったんだからっ」
「――っ!! そっち持ってくんじゃねー!! 痴女戻せコラ!!」
朝の言い訳をし出すれいりに今度はいざないが動揺し顔が赤くなる
「似合ってたしいいじゃない!!」
「んな訳あるかっ タコ!!」
「狂人色魔――!!」
「俺はまともだっつってんだろ!! 移動掃除用具が!」
「ムキー!!」
口喧嘩が続く
「…のぅ、いざない」 苦しい? 似合う?

ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ

「ちと詳しく聞かせてくれんか?」 何だそれは…?
恐ろしい強面顔が二人の間に近づいて来た
「のの子の様子見てくる!! 後は頼んます!!!」 だっ
「!!」
「…帰りますっ 失礼しました!!」 たたっ
「れいりちゃんっ!!」
逃げる様に二人は一丁の前から消えた
「…どうも最近いざないの様子がおかしいのぉ、落ち着きがのうなったと思わんか?」
「立て続けに副団長の周辺変わってますし落ち着けないのでしょう」
訝しげに二人のいなくなった先を見る。
ただおはテキパキ事務的な処理をしつつ自分の考えを述べている
「…それもそうだな。戦人でピリピリしてるのかもしれんの」 狙われてるし、二人の部下は付くし、部屋は変わるしか…部屋は羨ましいが…
まいちとただおは取り締まり隊と共に気絶した六人んを運んでいた。
一丁も半分納得し二人に加わる
「さて、こいつらの片が付いたら向かおう」
「はい」


盛大軒の前
「まいど」
「べし!」
準備中となった扉の前で、やって来たいざないに請求書を渡す
(……………少し切り詰めねーとヤベーなこりゃ…)
金額に血の気が引きしばらく動けなかった


盛大軒の料理は全て食べたとさ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント