マルー・クインクエ【戦人】・・・11

「…あーあ。おわっちゃった」
標的が消え、綺麗になった荒野をMは残念そうに見ている
「ディックぅ~~、もう解いてくれない?」
「え…」
まだディックの作る壁に遮られMは外に出られない。
ディックもいつ解いて良いか分からずずっとそのままでいた
「あ…あの、ミング・カピト………」
「一緒に帰りましょ。大丈夫よ、私の事を思ってしたんでしょ? 怒らないから♥」
「……あの…」
ディックを見る瞳は聖母の様に慈しみに溢れ優しい
「私…やらなきゃならない事あるんだ…だから帰らない!」
「…聞き分けの悪い子は嫌いよ、ディックぅ~」
「き…嫌いにならないでっ…」
涙目になり懇願
「じゃ、帰りましょ」
「…い…嫌」
「ディックぅ~~~」
「~~~ぴぃ」
優しい目が吊り上がった

「事情があるならマルーで預かれば良い。そこならお前の目も届くだろう?」

察したTが後方から現れ間に入る
「この子は大した事情じゃないわ。大方程で遊びたい、美味しい物食べたい、住みやすいから長居したいくらいでしょ」
「~~~それもあるけどもっと違うのもある!」
「それは何? おっしゃい」
「う…」
「今度はだんまり?」
「…………」
ディックは口を閉ざし俯く
「…ディックの意志が固ければずっとそのままで出られないのでは?」
「…」
「頑なな質はお前が一番分かる筈だぞM」
Mはじっとディックを見つめる。
ディックは涙を浮かべ半べそだが、解除する気は全く無い
「…その内ちゃんと話してくれる?」
「…! うん!!」
「程の約束事をちゃんと守れる?」
「うん!!」
「T、あなたも責任持ってディックを見られる?」
「…約束しよう」
「分かったわ、マルーにいなさい。しなければならない事が終わったら帰るのよ」
「…あ…ありがとう」

フッ

折れたMは優しく語り、ディックは満面の笑みで壁を解除した

バッチン

「おしおき♥」
近くに来たMは両手でディックの頬を軽く叩く
「この子はほんっとかわいいんだからぁ♥」
〈あうう…〉
叩いた後笑いながら両頬を握り引っ張ってる。
ディックはあまりの痛さに滝の様な涙が流れていた

「―――で」
ザシュッ じゅっ!
「T」
自分の手を切りTの顔へ押し当てる
「この子に何かあったら分かってるわね?」

じゅわっ

Mの容赦ない攻撃がTを襲う。
Tは顔半分赤く爛れ溶け出すも、怯むこと無く真っ直ぐにMを見ていた
「ああ、分かってる」
痛がる顔もせずただじっと立つ。
Mの手のひらも溶け出してはいたが、Mは冷たい笑みを浮かべるだけで一向に気にしていない
「さっ マルー行きましょ」
〈あう…〉
ディックの腕を掴み防衣を深く被ったM。ディックは顔を赤く腫らしてはいたが、目の前の光景の方に驚きを覚え震えている。
移動寸前、首に掛けていた羽根を落とし二人は消えて行った

「プリセプ、何故だ?」
ばっ シュオッ
急いでTの前に立ち回復を始めるイン
「Mの異物を止められる。あれを使われると私達では歯が立たぬ」

「その分、身の危険も増えたがな」
「…………」
ひらひらと風の抵抗を受け緩やかに羽根が草地へと着地
「もう大丈夫だ。お前はジンを連れて行くと良い」


カシャ カシャ カシャ

「…ジン」
「ええ」
ジンホウは落ちた羽根を拾いハンカチの間に収めている
「……」
静かな機械音と気配を感じ木立を見るが何も無い。
荒野中心から少し離れた場所でれいりとソルムがMがいた場所を見ていた
「先行って下さい、少し調べたい事出来たので」
「ジン…」
「大丈夫ですって、もう危険は無いですし。さっ 行って下さい」
「………」
心配するインに笑いながら大袈裟に手を動かす

"マルー・クインクエ【戦人】・・・11" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。